不正咬合 | 歯科で治療を受けると歯を清潔に保つことが出来る

不正咬合

叢生

叢生とは、歯並びがデコボコしていて、歯が重なっている状態です。
顎の大きさよりも歯が大きいということが原因です。
上下の歯がお互い重なっているので、全部の歯に歯ブラシが届きにくくなっています。
歯周病や虫歯のリスクが高めなので、歯科医院で検査を受けるようにしましょう。
この叢生と呼ばれている歯並びは乱杭歯とも言われます。
上顎の真ん中の歯が隠されており、早めの歯列矯正の治療が重要になります。

空隙歯列

歯列矯正の治療が必要な空隙歯列は、歯と歯の間に隙間がある状態です。
特徴は、顎の大きさよりも歯の数と歯が小さいといったところです。
他の歯に比べて隙間が多いので、食事をする時食べ物が歯と歯の間に挟まりやすいです。
特に前歯の隙間が目立ちやすいです。そのため、悩んでいる方が多く、歯科で歯列矯正の治療を受ける方が沢山います。

正中離開

正中離開と呼ばれる歯並びは、上顎の真ん中の前歯にだけ、隙間ができている状態の歯です。
これがすきっ歯と言われている悪い歯並びです。
この正中離開が起こる原因は骨の中にある余分な歯がとどまることで起こってしまいます。
また、発育異常で起こる場合もあります。
これもまた、歯科で歯列矯正の治療を受けることが必要になります。

上顎前突とう受け口

嬢顎前突は、上顎の歯が飛び出ていることをいいます。
つまりは出っ歯というものです。
この出っ歯が起こる原因は、下顎が成長不足や指しゃぶりなどです。
このような、口腔習癖と呼ばれるものが主に引き起こす歯並びの状態です。
受け口と呼ばれている下顎前突は、発音がしにくい歯並びです。
また、奥歯に虫歯もできやすくなっています。
他にも開校や、過蓋咬合というかみ合わせの悪い歯の状態があります。
これらの噛み合わせを治すためにも、歯列矯正は欠かせない存在です。