歯並びチェックしよう | 歯科で治療を受けると歯を清潔に保つことが出来る

歯並びチェックしよう

出っ歯

歯列矯正の治療が必要な噛み合わせは、出っ張っている歯です。
下顎の歯よりも上顎の歯が前に出ている状態です。
横から見ると、口元がとんがっている印象を受けます。
この出っ歯がどんどんひどくなっていくと、歯が口から見えてしまいます。
それを避けるためにも、歯列矯正治療は必要になるのです。
出っ張っている歯がどうしても気になる場合は、歯科で治してもらいましょう。
治してもらうと、出っ歯が気にならなくなります。
また、綺麗な顔の形を手に入れることが出来ます。

受け口

上顎の歯よりも下顎の歯が出ている状態のかみ合わせが受け口です。
横から見るとまるで三日月を見ているかのような口元です。
この受け口状態も歯列矯正装置で治療を行う必要があります。
受け口に悩まされている場合は、歯科で治療をしてもらうことが大切です。

開校と過蓋咬合

開校と過蓋咬合は前歯のかみ合わせが関係します。
開校は、前歯は使わずに、奥歯でしかきちんと噛むことができません。
前歯と下の歯の間に隙間ができている状態です。
主に口呼吸することが多く、歯周病や虫歯になる可能性がある歯並びです。
また、過蓋咬合は、前歯が下の歯を隠している状態のかみ合わせです。
出っ歯などと複合しています。顎の関節に負担がかかりやすくなっています。
自分で歯並びが悪いなと感じた場合は、矯正歯科や審美歯科で行っている歯列矯正治療がもっともよいです。
歯並びやかみ合わせの悪さは、顔の歪みとも関係があるので、気になる方は歯科に相談しましょう。